膝関節症について

膝関節症の原因と症状は、主に加齢によって引き起こされるケースが多く、また肥満や遺伝的な要因も関係しているといわれています。
骨折や靭帯損傷、半月板損傷などの外傷を経験していると、その後遺症として膝関節症を発症することもあります。
化膿性関節炎も膝関節症の発症リスクを高めますから、加齢や外傷だけでなく感染症にも気をつけたいところです。

膝関節症の原因

主な原因の加齢は、関節の弾力が少しずつ失われていき、やがて使い過ぎによって症状があらわれ始めます。
膝関節症の症状は動作の開始時に痛む程度ですが、進行すると安静にしていても痛むようになります。

それから正座の姿勢や階段の上り下りの困難さが増します。
膝関節症は実際に膝の変形にもあらわれますから、膝を伸ばそうとしても十分に伸びずに歩行が難しくなります。
発症は男性よりも女性に多い傾向で、その割合は1対4くらいです。

関節の動きやレントゲンで診断可能なので、歩行に違和感を覚えたり膝に変形が見られたら、早めに受診することが大切です。
膝の酷使は膝関節症を招いたり、悪化させるリスクになるので、負担が掛かる正座や膝を冷やすことは避けた方が良いでしょう。
肥満なら減量、運動不足であれば太ももの前の筋肉を鍛えると、予防や悪化に役立ちます。

膝関節症でお悩みの方は当院にお任せください

当院は、症状一つひとつに合わせた独自の施術方法で、あなたのお悩み改善をサポート致します。
膝関節症の痛みにお悩みの方は、まつなが整骨院 亀有北口院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。